メインイメージ画像

レーザー脱毛の術後のケアの中で気をつけることが

レーザー脱毛の術後のケアの中で気をつけることが、クールダウンと保湿です。レーザー脱毛は出力が高いため、術後の脇などは赤みを伴うほど発熱することもあります。その状態にほったらかしておくと、炎症が起きてしまうことがありえるので念入りに熱を冷まし、しっとりさせることが重要なのです。最新の脱毛機には、機械そのものに冷却機能が備わっているものもあるみたいですが、根本的にはしっかりとした肌のケアが当然のことです。

脱毛後は、スタッフなどからの重要点をちゃんと聞き、ケアを必ずしましょう。脱毛をするときに考えてしまうのがかかるお金ですが、脱毛方法によっても大きく変わります。クリニックで受けるレーザーによる脱毛を選ぶのか、心配なく脱毛できるエステでの光脱毛が良いのか、ということです。長期的な効能を希望してのレーザーでの脱毛ということであれば、医者による施術なので、当たり前に施術料もある程度は高額になります。

一方、エステでの手軽な脱毛といえば、リーズナブルにしてもらうこともできるのです。大前提として、自分の施術したい脱毛の方法を選ぶことが大切です。脱毛をエステで施術を受けるのか、医療機関で施術を受けるのか、その効き目にもギャップが起こるでしょう。

第一に、どこを脱毛を希望するかですが、もし脇なら可能とすると永久脱毛を施術したいという方が大体ではないでしょうか。そうすると、長期間に渡る脱毛が得ることができるのは医療用レーザーによる脱毛に限られるので、医療機関を選択するということです。反対に、腕や足は面積が大きい分、施術料も高いので、長期間に渡る脱毛効果は高くなくても、気安く行けて安上がりの施術場所が希望ならば、サロンのフラッシュ脱毛が適しているといったことにならないでしょうか。

更新情報